平成30年度(2018年度)
県立草津高等学校いじめ防止基本方針

はじめに
 いじめは、いじめを受けた生徒の教育を受ける権利を著しく侵害し、その心身の健全な成長および人格の形成に深刻な影響を与えるのみならず、その生命または身体に重大な危険を生じさせるおそれがあるものです。
 こうしたいじめから一人でも多くの生徒を救うためには、教職員一人ひとりが、「いじめは絶対に許されない」「いじめは卑怯な行為である」、「いじめはどの子どもにも、どの学校にも起こりうる」との意識を持ち、それぞれの役割と責任を自覚しなければなりません。
 本校では、いじめの防止等の措置を組織的かつ実効的に行うために「いじめ対策委員会」を常設し、いじめの防止等の対策の考え方や内容等を「学校いじめ防止基本方針」として定め、県教育委員会と適切に連携し、いじめの問題に組織的に取り組みます。

第1 いじめの防止等のための対策の基本的な考え方
 いじめは、どの子どもにも起こりうるものであり、単に謝罪をもって安易に解消することはできないという認識のもと、「子ども目線」に立っていじめを把握し、子どもの最善の利益の実現のために適切かつ迅速に対処します。
 このため、一人の教職員が抱え込むのではなく、学校が一丸となって組織的に対応するとともに、地域や関係機関と積極的に連携します。また、いじめの未然防止のため生徒自らがいじめの問題を自分のこととして捉え、考え、議論するなど生徒自身による主体的な活動を推進します。